本文へスキップ

スタートアップ・ベンチャー企業の支援は、渋谷の会計事務所、野口五丈公認会計士事務所にお任せください。

TEL. 03-6427-0671

E-mail    noguchi@itsutake.com
チャットワークID      itsutake

記帳代行サービスについてHEADLINE

記帳代行って何?

1ヶ月間で発生したレシート、領収書、請求書、通帳コピーなどの取引の資料をお送りください。
後は当事務所で会計ソフトへの記帳を全て代行いたします。月次試算表まで責任を持って作成いたします。
ほとんどの会社では経営者の方や経理担当者が毎日の取引を入力していますが、記帳業務をする際には「簿記」の知識が必要不可欠です!簿記を知らずに記帳業務を行うと、会社にとって不利益な経理計上をしてしまったり、違法とは知らずに脱税行為とみなされる計上をしてしまったりする可能性があります。また、そうした細かいミスが重なると正しい決算ができず、はじめから全てやり直すことになってしまいます。
会計事務所や税理士がついているからと安心して、何気なく日々の記帳業務を行っている経営者の方や経理担当者も散見されますが、気づかぬうちに損をしてしまっている可能性があるのです。
つまり、記帳業務は企業にとってデメリットをもたらす可能性をはらんでいる上に、手間が掛かる意外と難しい業務なのです。こうした理由から、記帳業務を外部の専門会社に依頼するケースも少なくありません。

どのような時に記帳代行を活用するの?

以下のようなお悩みをお持ちの方からご依頼いただいています。

  • 記帳業務に時間を取られてしまっている
  • 会計ソフトは導入したもののほとんど使っていない
  • 作業的な仕事ではなく、本業の営業に専念したい
  • 毎月の面倒な会計ソフトへの入力から逃れたい
  • 簿記の知識があいまいなので、プロに任せたい
  • 会計事務所に依頼しているが、自分で入力(自計化)するように言われている
  • 奥様から「もう経理をしたくない」と言われている
  • 経理担当者が辞めてしまったときに、経理をできるものがいない
  • 売上が下がってきているので、経理担当者の人件費(間接部門のコスト)を減らしたい
  • 今よりも、もっと早く会社の経営状態を把握したい(自社では対応しきれない)

記帳代行サービスを利用する場合、何をすればいいの?

お客様には「レシート」「領収書」「請求書」「通帳コピー」等の資料をお送りいただくだけ!
お客様からいただいた資料をもとに、当社が会計ソフトへ記帳致します。
記帳代行サービスの料金はこちらをご参照ください。

※不明な取引がある場合は、お電話またはメール等でお伺いさせていただく場合がございます。
※通常20日以内の納品が基準となりますが、最短1営業日以内でのスピード納品をオプションにて対応致します。

もっと詳しく!

お問合せはこちら

バナースペース

野口五丈公認会計士事務所

Tell   03-6427-0671
Fax   03-6427-0673
E-mail noguchi@itsutake.com
チャットワークID:itsutake
住所 渋谷区道玄坂1-19-13    トップヒル並木5F

お問合せはこちら


クラウド会計ソフトfreee



コラムはこちら

会社設立支援