本文へスキップ

クラウド会計は、渋谷のリライル会計事務所にお任せください。

TEL. 03-6427-0671

E-mail    noguchi@relyl.com
チャットワークID      itsutake

コロナに負けない! 融資支援業務HEADLINE

@支援を開始したきっかけ

新型コロナウイルス感染症の影響で日本経済に大きなダメージが生じています。

国としても緊急経済対策として数多くの融資や信用保証の制度を打ち出していますが、
五月雨式に制度が打ち出されるため、制度を十分に理解して自社にあった融資や信用保証の制度を活用できている事業者はまだまだ少ない状況にあります。

また、2020年3月19日に開催した「新型肺炎に負けない経営Webセミナー」や、
4月28日に開催した「コロナ対策中小企業経営セミナー」においても、
それぞれ500名の事業者様にご参加いただき、数多くのご質問やご相談をいただきました。

「飲食業じゃないと申し込めないか?」「創業直後だからダメだよね?」「フリーランスは対象外ですか?」など、
最初から自分には可能性がないものと考えていらっしゃる方が非常に多かったのです。

新型コロナウイルス感染症で直接的に影響がある事業者(飲食業旅館業など)だけでなく、
間接的に影響のある事業者も融資や信用保証の対象になっていることや、
創業直後の事業者でも活用できる制度があることが、十分に事業者に伝わっていなかったのです。

たしかに経産省のパンフレットを見れば記載はあります。
ですが何十ページもあり、数日おきに更新されるパンフレットを読み込む時間は、
今必死で経営を立て直そうとしている経営者にはないのが実情です。

そこで、リライル会計事務所では、このような状況を改善すべく、
各事業者の状況を理解し各事業者に合った融資や信用保証の制度を提案しよう、
忙しい経営者に代わって融資申請書類の確認や作成をしようと考え、当支援業務を始めました。

A新型コロナウイルス感染症特別貸付制度の内容(2020.5.14時点)

【ご利用いただける方】

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況悪化を来している方であって、
次の1または2のいずれかに該当し、かつ中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる方

1 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方
2 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方
  (1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高
  (2)令和元年12月の売上高
  (3)令和元年10月から12月の平均売上高

【資金使途】 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金

【融資限度額】6000万円

【利率】   基準利率 ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0.9%(注)、4年目以降は基準利率

【返済期間】 設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)

【担保】   無担保

〜参考〜
日本政策金融公庫のホームページ

B支援内容と成功報酬

プラン 支援内容 成功報酬
メール
相談
ご面談 融資書類
の確認
融資書類
の作成
通常 特別期間
@無料相談プラン
(顧問先のみ)
 ○       融資額の 1%  無料
Aシンプルプラン  ○  ○  ○   融資額の 2% 融資額の 1%
Bベーシックプラン  ○  ○  ○  ○ 融資額の 3% 融資額の 2%

※ 2020年3月19日から新型コロナウイルスの感染が終息するまでの期間実施します。

C弊社へのご相談の流れ

まずは、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォーム、メール又は電話にてお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせフォームはこちら
・電話 :03-6427-0671
・メール:noguchi@relyl.com
プラン指定
@無料相談プラン Aシンプルプラン Bベーシックプラン 
からプランをご指定下さい。
どのプランが良いかのご相談もお気軽にご相談ください。
契約締結
契約条件などをご確認いただき契約の締結となります。
支援開始
ご準備頂く資料や、開始日程などをご相談し、支援をスタートいたします。

D融資を受けるための流れ

弊社にご依頼いただいた場合、融資を受けるために概ね以下のスケジュールで進んでいきます。
現在窓口が大変込み合っているので、お客様が必要書類をご用意いただいたタイミングから1〜2か月前後でお金が入金するケースが多いです。

貴社とリライル会計事務所
オンライン面談を実施します。
リライル会計事務所
融資に必要な書類(借入申込書など)を作成します。
貴社
融資に必要な書類(登記簿など)を用意します。
貴社
融資に必要な書類(借入申込書や登記簿など)を日本政策金融公庫に提出します
日本政策金融公庫
書類を確認し、面談日を貴社にお電話します。
貴社と日本政策金融公庫
電話面談を実施します。
日本政策金融公庫
融資金額が決定し貴社にお電話がいきます。
その後日本政策金融公庫から融資契約書類が貴社に郵送されます。
貴社
融資契約書類に記入・押印し日本政策金融公庫に提出します。
日本政策金融公庫
融資契約書類を確認し、融資金額を貴社に入金します。

Eどんな書類を用意する必要があるか?

融資制度によって異なりますが、主に以下の資料が必要となります。

  • 借入申込書
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書・決算書のコピー
  • 法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本(原本) ※現在お取引がない方
  • ご商売の概要(お客さまの自己申告書) ※現在お取引がない方
  • 代表者の運転免許証(両面)またはパスポートのコピー ※現在お取引がない方
  • 許認可証のコピー(飲食店などの許可・届出等が必要な事業を営んでいる方) ※現在お取引がない方

バナースペース

リライル会計事務所

Tell   03-6427-0671
Fax   03-6427-0673
E-mail noguchi@relyl.com
チャットワークID:itsutake
住所 渋谷区道玄坂1-19-13    トップヒル並木5F

お問合せはこちら


クラウド会計ソフトfreee



コラムはこちら
会社設立支援